アルコール検知を拒否して警官に水を掛ける

岐阜県警は5日、アルコール検知を拒否し、警察官に向かってコップの水を浴びせかけたとして、30歳の男を公務執行妨害の現行犯で逮捕した。引き続き道路交通法違反(飲酒検知拒否)容疑でも調べを進める方針だ。

自動車 社会 社会
岐阜県警は5日、アルコール検知を拒否し、警察官に向かってコップの水を浴びせかけたとして、30歳の男を公務執行妨害の現行犯で逮捕した。引き続き道路交通法違反(飲酒検知拒否)容疑でも調べを進める方針だ。

岐阜県警・下呂署によると、この男は5日の午前1時10分ごろ、下呂市萩原町羽根付近の市道で乗用車を運転中、交差点を進行してきたタクシーと出会い頭に衝突する事故を起こした。

男の呼気から酒の匂いがしたため、通報を受けた警察官が同署への任意出頭を求め、アルコール検知を実施しようとした。しかし、男は署員が「うがい用に」と差し出した水入りのコップを振り上げ、目の前にいた署員に浴びせかけたため、公務執行妨害の現行犯で逮捕。道交法違反(飲酒検知拒否)でも調べを行うことになった。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

  • 飲酒量を特定されないため重ね飲み…男女を逮捕 画像 飲酒量を特定されないため重ね飲み…男女を逮捕
  • 現役警察官がアルコール検知を拒否、逮捕 画像 現役警察官がアルコール検知を拒否、逮捕
  • アルコール検知拒否で現行犯逮捕「絶対に嫌だ」 画像 アルコール検知拒否で現行犯逮捕「絶対に嫌だ」
  • 【大改正道交法・審議中!!】飲酒運転の呼気検査拒否に厳罰 画像 【大改正道交法・審議中!!】飲酒運転の呼気検査拒否に厳罰

特集