クビになるかもしれないとパトカーから逃走の女

自動車 社会 社会

23日未明、埼玉県さいたま市岩槻区内の市道で、無灯火で走行している不審な乗用車をパトロール中の警察官が発見。ただちに追跡を開始した。運転していた32歳の女はこの直前に飲酒起因の当て逃げ事故を起こしており、道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕されている。

埼玉県警・岩槻署によると、事件が起きたのは23日の午前1時30分ごろ。さいたま市岩槻区上野付近の市道をパトロールしていた同署のパトカーが、無灯火のままフラフラとした挙動で走る不審な乗用車を発見。ただちに停止するように命じた。しかし、乗用車はこれを無視して逃走。約700m先で駐車中のクルマに接触した後も逃げ続けたが、駐車場に追い込まれた。

運転していた32歳の女からは酒気帯び相当量のアルコール分を検知したため、道交法違反(酒気帯び)の現行犯で逮捕。パトカーから発見される直前にガソリンスタンドの看板に衝突。これを破壊し、その発覚を恐れて逃走していたこともわかった。

調べに対し、女は「公務員なので飲酒運転が発覚されたら解雇されると思って逃げた」などと話しているという。女はさいたま市職員だった。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品