不振のGM、アジア太平洋地域では過去最高の販売を記録

自動車 ビジネス 企業動向
不振のGM、アジア太平洋地域では過去最高の販売を記録
  • 不振のGM、アジア太平洋地域では過去最高の販売を記録
米国では経営破綻説も流れているGMだが、アジア太平洋地域では販売が好調だ。同地域の05年の販売台数は過去最高の106万5000台を記録し、単年ベースで初めて100万台の大台を超えた。

特に販売台数を伸ばしたのが中国、タイ、インドだ。中国におけるGM車(合弁企業の自動車も含む)の販売台数は、66万5390台で前年比35%増。マーケットシェアも04年の9.4%から05年11.2%まで伸ばした。

そして、タイでは前年比なんと96%増の3万3943台を記録。ピックアップ・トラックのシボレー『コロラド』やシボレー『オプトラ』シリーズの好調が大幅増の要因となった。またインドでは、マルチ・ユーティリティ・ビークルのシボレー『タベラ』やセダンのシボレー・オプトラの好調な販売で、同16%増の2万9936台となった。その結果、マーケットシェアはタイで4.9%、インドで2.1%と、それぞれ過去最高を記録した。

「一連の商品の導入、シボレーブランドの強化、生産および商品開発能力の拡大が、販売増加の大きな要因となった。この成長を機に、GMはアジア太平洋地域における乗用車・トラック市場で、さらに堅調な成果を目指していきたい」とGM上席副社長兼GMアジア・パシフィック社長のトロイ・クラーク氏はコメントした。

GMには米国でもアジア太平洋地域と同じように頑張ってもらいたい、というのが日本の自動車業界関係者の共通な思いだろう。
《山田清志》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース