【デトロイトモーターショー06】ランボルギーニ ミウラ、現代に復活

自動車 ニューモデル モーターショー

【デトロイトモーターショー06】ランボルギーニ ミウラ、現代に復活
  • 【デトロイトモーターショー06】ランボルギーニ ミウラ、現代に復活
  • 【デトロイトモーターショー06】ランボルギーニ ミウラ、現代に復活
ランボルギーニは歴史に残る車名『ミウラ』を復活させ、2006年北米国際オートショー=通称:デトロイトモーターショーにコンセプトカーとして出品する。初代ミウラをベースにしたレトロインスパイアなデザインスタディだ。

ミウラ・コンセプトはランボルギーニのデザイン部長、ワルター・デシルバが開発の指揮を執った最初のランボルギーニ車だ。デシルバはほかにアウディグループ全体のデザイン監督も務めている。

初代ミウラはマルチェロ・ガンディーニをチーフデザイナーに、ベルトーネがデザインを開発、1966年ジュネーブモーターショーで発表された。

新開発コンセプトカーはオリジナルデザインの純粋さを守る。輪郭をリファインし、付属的な部品デザインは排除し、簡潔なラインを強調する。多くのエンシュージアストを魅了した、初代のデザインの完璧なバランスの再現を心がけた。

「この2年間、ミウラのリデザインをしばしば夢に見ていた。ランボルギーニのデザイン部長に就任して、やっとその機会を得た」とデシルバ。

ミウラ・コンセプトはデシルバによる創作であり、まったくのコンセプトカーだ。しかし同時にメーカーでは「量産化の日程は確定していない」と、思わせぶりなコメントを出している。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集