トヨタグループ、2006年生産計画がGMに肉薄

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタグループ、2006年生産計画がGMに肉薄
  • トヨタグループ、2006年生産計画がGMに肉薄
トヨタ自動車は、2006年の生産・販売計画を発表した。ダイハツ、日野自動車を加えたグループの世界生産台数は、前年比10%増の906万台で、GM(ゼネラルモーターズ)に肉薄する見通し。

トヨタ単独の世界生産台数は同10%増の811万台の見通し。国内生産が同8%増の411万台で、海外生産が同12%増の400万台となる。

販売は国内販売が同3%増の178万台、海外販売が同11%増の613万台で、販売、生産とも海外が高い伸びを示す。

2005年の見通しは、トヨタ単独の世界生産台数が同10%増の737万台。販売は国内販売が同2%減の173万台、海外販売が同11%増の551万台となる見通し。グループでは、世界生産が同9%増の825万台。国内販売が横ばいの238万台、海外販売が同11%増の571万台となる見込み。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集