ヤマハ、中国に販売会社を設立

自動車 ビジネス 企業動向
ヤマハ発動機は、中国・上海市に販売会社を設立したと発表した。

新会社はヤマハ・モーター・コマーシャル・トレーディング(上海)有限公司で、中国での輸出入業務、ディストリビューター業務を行う。資本金は370万ドルで、ヤマハ発動機が100%出資する。

これまで中国では、重慶建設ヤマハモーターサイクル有限公司が株洲建設ヤマハモーターサイクル有限公司が二輪完成車、泰州ヤマハ動力有限公司が汎用エンジン、福州佳新創輝機有限公司が発電機などをぞれぞれ生産・輸出していた。このほか、ヤマハ発動機(蘇州)有限公司は、中国内で調達した部品や原材料を輸出する業務を手掛けていた。

新会社は中国で分散していた生産された二輪車や特機、二輪車や部品の輸出入業務を集約する。業務の効率化と輸入事業の拡大を図るのが狙い。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース