NASCARドライバーへの道がリアリティショーに

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

NASCARドライバーへの道がリアリティショーに
  • NASCARドライバーへの道がリアリティショーに
アメリカで人気のリアリティショー(「サバイバー」など、一般視聴者参加型の番組)に、NASCARドライバーへの挑戦シリーズが加わる事になった。放映が始まるのは今年10月31日からで、ディスカバリーチャンネルでの番組となる。

番組は、25人のNASCARドライバー志望者が、13回のシリーズを通して脱落して行き、最後に残った1人が2006年のNASCARシーズンに本物のドライバーとして登録される、というもの。タイトルは「アメリカズ・ネクスト・トップ・レーサー」だ。

番組の中で判断されるのは、ドライバーのレーシングテクニックはもちろん、メディア受けが良い、カリスマ性がある、など人気のNASCARレーサーとして成功できる要素だという。様々なテストを通してしのぎ合うシリーズは、夏にマーティンズビル、ダーリントンなどのレースコースで収録が行われる予定。秋のリアリティショーの目玉となりそうだ。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集