【トヨタ イストマイナーチェンジ詳報】その2 走りもスポーティな新グレード

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ イストマイナーチェンジ詳報】その2 走りもスポーティな新グレード
  • 【トヨタ イストマイナーチェンジ詳報】その2 走りもスポーティな新グレード
  • 【トヨタ イストマイナーチェンジ詳報】その2 走りもスポーティな新グレード
  • 【トヨタ イストマイナーチェンジ詳報】その2 走りもスポーティな新グレード
  • 【トヨタ イストマイナーチェンジ詳報】その2 走りもスポーティな新グレード
  • 【トヨタ イストマイナーチェンジ詳報】その2 走りもスポーティな新グレード
5月30日にマイナーチェンジを行なった『イスト』には、スポーティな新グレードの“A-S”が追加設定された。“A-S”はスポーティなエクステリアデザインを採用するだけではなく、FF車には専用チューニングのスポーツサスペンションが組み合わされている。

だが、スポーツサスペンションとはいっても、それほどハードなものではなく、装着されているタイヤもほかのモデルと同じ185/65R15。あくまでも快適性を失わない程度のチューニングだ。

“A-S”の走りについてトヨタのコンパクトカーを総括する、トヨタ自動車 商品開発本部 エグゼクティブチーフエンジニアの森坂学さんは「“A-S”のサスペンションは、前モデルの後半に設定された、エアロスポーツパッケージと同じ設定にしています。エアロスポーツパッケージの走りは評判がよかったので、そこの部分は踏襲しました」とコメント。

実際に“A-S”の走りは標準車よりもキビキビとした動きが見られ、ステアリングの操作に対しても素早く反応してくれる。それでいながら、乗り心地がほとんど悪くなっていないもの魅力。これなら標準車と乗り比べない限り、硬いと感じることはないだろう。

1.3リッターと1.5リッターのエンジンや4速ATはマイナーチェンジで手を加えられていないので、フィーリングは変わっていない。1.3リットルに4速ATの組み合わせは、CVTとなった『ヴィッツ』と比べると多少物足りなさを感じるが、1.5リッターなら非力さは感じないだろう。

“A-S”と同様のエクステリアをまとった1.3リッターの“A”というグレードも設定されているが、サスペンションは標準仕様と同じ。せっかくスポーティな外観を手に入れるのなら、エンジンやサスペンションも余裕のある1.5リットルの“A-S”を選びたいところだ。(つづく)
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集