ダイムラークライスラー、サスティナビリティ評価でトップ

自動車 ビジネス 企業動向

ダイムラークライスラーは、企業のサステナビリティ(持続可能性)調査・格付け機関のドイツ・scoris社がドイツ株価指数の対象の30社で行った格付け調査で、自動車メーカーで首位に、サステナビリティの総合評価で2位にランクされたと発表した。

scorisのこうした調査は今回が2回目。格付けスコアは0〜100ポイントで、今回の調査で最低スコアは33.7ポイント、最高スコアが82.1ポイントだった。平均値は56.9ポイントの中、ダイムラーは79.2ポイントを獲得し、自動車メーカーではトップだった。

調査は、企業倫理、コミュニティ、コーポレート・ガバナンス、顧客、環境などの項目で評価した。ダイムラーは、企業倫理、環境、従業員の項目でとくに高い評価を得て、調査対象企業の平均値を大幅に上回った。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集