いすゞ ギガ トラクタを改良、車両姿勢制御システムを設定

自動車 ニューモデル 新型車

いすゞ自動車は、大型のギガトラクタを改良して14日から発売すると発表した。

今回の改良では、連結車特有の異常挙動(ジャックナイフ現象、横転など)を抑制し、走行時の車両安定性を向上する電子式車両姿勢制御システム「IESC(いすゞ・エレクトロニック・スタビリティ・コントロール」を開発、日本で初めて4×2セミトラクタに標準装備した。

また、PMキャタコンバータ(酸化触媒)を装着し、全車を新短期排出ガス規制に適合させた。4×2セミトラクタに、いすゞ独自の機械式AT「スムーサーG(12段)」を設定した。

加速度と車両重量を検知し、運行状況に合わせて自在に最適な段へ変速するインテリジェント「ECONモード」を搭載し、登坂時には積載量と勾配に見合った変速、発進時にはアクセル開度によって変速ポイントを変化させることで、走行フィーリングを大幅に向上させた。

また、「6WG1」型ディーゼルエンジンの主力出力帯に、コモンレール及びVGSターボを採用し、圧縮比を高めると共にエンジンの低回転高トルク化を実現した。

ドライバーの集中力低下による事故の減少に寄与する運転集中度モニター、運行のデジタル管理化時代に対応するいすゞ独自のデジタルタコグラフをそれぞれ新規に開発し、オプション設定したほか、平成18年灯火器安全法規に適合させた。

販売計画は年間2000台。価格は車型PJ-EDX52D6、スムーサーGIESCなどを装備したモデルが1478万1000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集