トヨタ紡織、ベルギー駐在員事務所を現地法人に格上げ

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ紡織は11日、ベルギーの駐在員事務所を格上げし現地法人「トヨタ紡織ヨーロッパ」として設立すると発表した。トヨタ自動車との連携を強化するため、同新会社を欧州の戦略拠点と位置付ける。

新会社はデザインや技術動向調査、営業情報の収集機能に加え、調達・生産管理機能を加える。資本金は357万ユーロ(約5億円)、従業員は10人程度でスタートする。現地法人化によりトヨタの現地生産拠点と連携を強化し欧州事業の拡大につなげる。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集