“従業員割引”が大ヒット

自動車 社会 社会

GMが6月から開始した新たなインセンティブ、「すべての人に従業員割引」が好調だ。これはその名の通り、GMの従業員がクルマを買う際に適用される割引を、すべてのユーザーに提供したもの。

これにより、6月のGMの売り上げはここ20年で最高、昨年同月比でなんと41%増を記録した。

これを見て、フォード、クライスラーも同様のインセンティブを夏にも行う予定。現在まさに2005年モデルカーの在庫一斉処分の時期でもあり、夏にはビッグ3のシェアが大幅に復活する可能性もある。

ただし、9月に入って2006年モデルが投入されると、こうした割引も難しくなる。そのため現在は好調に見えても、秋以降再びビッグ3の売り上げが大幅に減少する可能性もあり、こうしたインセンティブもそろそろ限界が見えて来たようだ。

しかし6月には1人勝ち状態のGM首脳部は気をよくしており、この勢いで2006年モデルの販売増に持ち込みたい様子。勝負は9月の売り上げにかかってくるようだ。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集