日産、NTTデータと金型管理システムを開発

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車とNTTデータは、RFIDタグ(無線電子IDタグ)を使用した金型管理システムを共同開発したと発表した。日産は、エンジンやサスペンションなどのパワートレインの主要生産工場である横浜工場に同システムを導入し、金型管理精度の向上を図る。
 
同システムは、NTTデータがこれまで数多く構築してきたSCM(サプライ・チェーン・マネジメント)ソリューション実績に基づくノウハウをベースに提案したもので、金型にひもづく管理票に貼付したRFIDタグの読み取りを行う。

日産は同システムを利用し、従来は作業者の記憶や帳票により管理していた金型の製作状況、所在、修繕履歴、使用実績などの情報を目に見える形で一元管理する。
 
同システムでは、管理票を重ねた状態でのタグの読み取りを可能とした「積層読み取り機能RFID」タグを採用した。

製造業では世界初で、金型在庫の管理精度向上と作業者への負担軽減を同時に実現した。両社は、駆動部品の鍛造金型管理に導入した同システムの効果の実地検証を今後半年間で行う。
 
また、同工場の他地区や他工場への展開を視野に入れ、工程管理や自動発注機能等への機能拡張も予定している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集