【渡辺トヨタ新体制会見】ハイブリッド年100万台を目標に

自動車 ビジネス 企業動向

【渡辺トヨタ新体制会見】ハイブリッド年100万台を目標に
  • 【渡辺トヨタ新体制会見】ハイブリッド年100万台を目標に
  • 【渡辺トヨタ新体制会見】ハイブリッド年100万台を目標に
トヨタ自動車の渡辺捷昭社長は27日に東京で記者会見し、環境対策の一環としてハイブリッド車の生産・販売を「世界で年間100万台規模にすることを目標にしたい」と表明した。

達成時期については「早いほうがいい」と述べたものの明言を避けた。今後、「(展開する)車種や地域をきちんと詰めて、目標を具体化したい」考えだ。

トヨタはハイブリッド車の車種拡大とともに、2006年までには中国、米国でも生産を始める方針。

トヨタ首脳によると、「ハイブリッド車は、早期に全体の1割くらいにしたい」としており、世界生産が1000万台に達する2010年代の早期にハイブリッド車の100万台も達成したい意向のようだ。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集