【ソウルモーターショー05】ルノーサムソンとインフィニティ、どっちが元祖?

自動車 ニューモデル モーターショー
【ソウルモーターショー05】ルノーサムソンとインフィニティ、どっちが元祖?
  • 【ソウルモーターショー05】ルノーサムソンとインフィニティ、どっちが元祖?
  • 【ソウルモーターショー05】ルノーサムソンとインフィニティ、どっちが元祖?
  • 【ソウルモーターショー05】ルノーサムソンとインフィニティ、どっちが元祖?
ルノーサムソンのブースで取材中、なにやら憤慨している様子の韓国人記者と遭遇した。彼はインフィニティのプレスキットと、ブースに展示された『SM7』の実車を眺めながら「似ている、似ている」と繰り返している。

気になったので話を聞いてみると、彼は「SM7と、インフィニティ『G35』や『M45』が似すぎている。ルノーサムソンはインフィニティのデザインを模倣したんじゃないか」とカタログを見せ、SM7のフロントやリアなどを指し示しながら怒っている。

彼はその3モデルが同一メーカーのものだとは知らなかったようなのだ。

「すべて日本の日産自動車のクルマなんだから似ていて当然だ」と説明、頭の中にある韓国語の単語を駆使し、ルノーと日産の関係などについても話したところでようやく納得してくれたようだった。

日本人にとっては笑い話のようだが、韓国では新型車がデビューする度にデザイン模倣問題が持ち上がる。最近ではヒュンダイ『ソナタ』とホンダ『アコード』のリアデザインが酷似しているとして、新聞で大きく報じられる事態にもなった。

サンヤン『チェアマン』もベンツにそっくりだったが、最近行われたマイナーチェンジでは前面デザインを変更している。現地では「デザインを変えないとエンジンを供給しない…とダイムラークライスラーに怒られたらしい」なんて噂話もささやかれるほど。

ルノーサムソンとインフィニティの問題もその延長上にあるのだが、「模倣じゃないのか!?」といったような質問は多数の記者から寄せられていたようで、双方の広報関係者は頭を痛めていたようだった。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

  • 【上海モーターショー05】BYD…模倣のレベルと作り込みが向上 画像 【上海モーターショー05】BYD…模倣のレベルと作り込みが向上
  • 商標登録していない分野でもダメ…改正不正競争防止法 画像 商標登録していない分野でもダメ…改正不正競争防止法
  • 中国ではもはや不可避なデザイン模倣犯罪 画像 中国ではもはや不可避なデザイン模倣犯罪
  • 模倣品の3割が中国製、さらに増加傾向 画像 模倣品の3割が中国製、さらに増加傾向
  • 【上海モーターショー05】長城汽車の日産対抗とホンダライバル 画像 【上海モーターショー05】長城汽車の日産対抗とホンダライバル

特集