迷惑自殺男で電車が脱線

ロサンゼルス郊外で、通勤客を乗せた列車が線路上に放置されたジープ『チェロキー』に衝突、脱線して11人が死亡する、という大惨事となった。

自動車 社会 社会
ロサンゼルス郊外で、通勤客を乗せた列車が線路上に放置されたジープ『チェロキー』に衝突、脱線して11人が死亡する、という大惨事となった。

このチェロキーを運転していた25歳の男は、「自殺しようと思い線路内にクルマを停めたが、恐くなって直前に逃げた」と言う。

しかしその結末は悲惨で、チェロキーに衝突した電車は大破して脱線、反対方向を走ってきた別の列車と衝突し、連鎖脱線を起こした。現場は横倒しになった車両が線路脇のショッピングセンターの駐車場にまではみ出す状況。

乗客のうち11人が死亡、1人が行方不明、200人以上が重軽傷となっている。

なぜこのような惨事になったのかというと、現場は踏切りではない普通の線路で、列車がスピードを落とすことなくクルマに突っ込んだため。

自殺未遂の男は11人の殺害容疑で逮捕されたが、線路周辺の防護は万全だったのか、など市の管理責任も問われることになりそうだ。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

  • 踏切を使って切り返し…トラックと列車が衝突 画像 踏切を使って切り返し…トラックと列車が衝突
  • 丸太を線路に落とた男に猶予付きの判決 画像 丸太を線路に落とた男に猶予付きの判決
  • 1本と40本はかなり違う…脱線事故の原因となった運送会社の通行許可取消 画像 1本と40本はかなり違う…脱線事故の原因となった運送会社の通行許可取消