ホンダ、インド子会社の生産能力を増強

自動車 ビジネス 企業動向
ホンダは、インドにおける四輪車の生産・販売会社のホンダシェルカーズインディア・リミテッドの生産能力を年産5万台に増強すると発表した。

現在インドの生産工場の生産能力は年間3万台。建屋を拡張し、溶接や塗装設備の増強を行うなどして2005年末までに5万台に引き上げる。投資額は約13億4000万ルピー(約31億5000万円)。

インドの自動車市場は、好調な国内景気を反映して、2004年見通しで前年比24%増の135万台と大きな伸びを示している。ホンダも『シティ』や『アコード』の販売が好調でインドの今年の販売実績は、昨年の2倍を超える3万5千台に達する見込み。生産能力の拡大で、国内需要に対応する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダのインドの合弁工場、生産累計1000万台 画像 ホンダのインドの合弁工場、生産累計1000万台
  • 【スズキ スイフト新型発表】世界4カ国生産のグローバルカー 画像 【スズキ スイフト新型発表】世界4カ国生産のグローバルカー
  • ダイハツ、トヨタ向け小型車をマレーシアでも生産開始 画像 ダイハツ、トヨタ向け小型車をマレーシアでも生産開始
  • ホンダ、インド初のモーターサイクルモデルを発売 画像 ホンダ、インド初のモーターサイクルモデルを発売

特集