新潟中越地震…関越道、高速バス再開

自動車 社会 社会

日本道路公団は29日、関越自動車道(関越道)の通行止め区間を長岡IC−小出IC間に短縮した。また国土交通省は同日から関越道を経由しての高速バスの運行が再開されたと発表した。

23日に発生した新潟中越地震の影響で、関越道は現在、長岡IC−小出IC間で緊急自動車のみの通行が認められている。関越道経由の高速バスは上信越道などへの迂回措置がとられていた。

高速バスの運行再開は、バス輸送の公益性および生活交通としての重要性に配慮されたもの。28日に一般車通行止め区間で高速バスの走行テストを実施、その結果を受け、新潟県警察本部および日本道路公団が、同区間における高速バス運行を認めた。

再開される高速バス
●新潟−池袋線:30日発から再開
本数:1日12便、所要約6時間
●上越(高田)−池袋線:30日発から再開
本数:1日3便、所要約6時間
●新潟−十日町線:29日新潟発から再開
本数:29日は新潟発1便
30日から1日5便、所要約3時間20分
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集