トヨタ、大阪府にVW専売店をオープン

自動車 ビジネス 国内マーケット

トヨタ自動車は、トヨタ系ディーラーがVW=フォルクスワーゲンを販売するDUO(デュウオ)店を11月以降、大阪府に2店舗新規出店すると発表した。

今回の出店は、トヨタとVWとの友好関係強化の考え方のもと、大阪府下のトヨタ車両販売店に募集を行い、開設を決定したものとしている。これにより、DUO店は全国138店舗のネットワークとなる。

トヨタでは、国際協調の一環として積極的な輸入拡大の考えのもと、1991年7月にVW社の日本法人フォルクスワーゲングループジャパンとの販売提携に合意した。その後、3次にわたる出店募集を行い、トヨタディーラーの積極的な参画で、1998年までに全国43都道府県にわたるDUO店ネットワークを完成させている。

今回、開業後12年が経過し、トヨタのVW事業を取り巻く環境の変化を受けて大阪府で2店舗のDUO店が閉鎖したことに対し、これまでに販売したユーザーにアフターサービスを行うとともに、日本でのVWビジネスの拡大を目指し、大阪市住吉区と箕面市に各1店舗(計2店舗)を新規に開設する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集