2010年、ハイブリッドが20%を占める

エコカー 燃費

2010年、ハイブリッドが20%を占める
  • 2010年、ハイブリッドが20%を占める
  • 2010年、ハイブリッドが20%を占める
このところの原油価格の値上がりは、アメリカ人の車選びを大きく左右する可能性がある、という。現在1リットル66円前後、というガソリン価格は、昨年と比べて5割以上の高値。そこで、燃費の良いハイブリッドへの注目度が高くなっている。

ブーズ・アレン・ハミルトン社の調査報告によると、ハイブリッド車両は一般車両に比べて3000から5000ドル割高だが、5年スパンでのガソリン価格やグリーン減税(一定の燃費以上の車を買った人に与えられる税制優遇措置)を加えると、結局ハイブリッドが割安となる。

このため、今後ハイブリッドを購入する人は増加し、もし自動車メーカーがエアバッグを導入したような速度でハイブリドモデルの導入を進めるならば、2010年にはアメリカの新規販売の20%がハイブリッドになる可能性が高い、という。

この報告では、さらに2015年にはハイブリッドが80%となる、という可能性も示唆している。しかしそのためにはメーカーがほとんどのラインナップにハイブリッド仕様を加える必要がある。

数年前にはハイブリッドに対し懐疑的だったアメリカ市場だが、今やハイブリッドは今後の潮流の中心、と考えられているようだ。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース