VICS車載器の出荷台数、1000万台を突破

自動車 テクノロジー ITS

VICSセンターによると、VICS車載器の出荷台数が2004年7月に1000万台を突破し、約1008万4987台となった。

2004年4月−7月の期間で96万7879台と、わずか3カ月間で100万台近くもVICS車載器を出荷したことになる。このペースで続けば、03年度よりも出荷台数が増加することが予想される。

その車載器だが、ナビに標準装備されているFM-VICSチューナーが多く、双方向通信を行うビーコンユニットを備えているクルマはまだまだ少ない。

ビーコンユニット搭載車の台数が増加すれば、クルマの流れ等が把握できより正確な交通情報をVICS搭載車に提供できることになる。今後は、ビーコンユニットをどれだけ普及させるかがVICSセンターの課題になるだろう。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集