スズキ、インド投資拡大で指揮系統を一本化

自動車 ビジネス 企業動向
スズキは、インドでの投資を拡大するのに伴って、これを統括する組織を設立すると発表した。設立する組織はインド新会社建設準備委員会。

同社は二輪車を生産・販売する子会社スズキモーターサイクル・インディアナ・プライベート・リミテッドを新設する予定のほか、13日の新型『アルト』発表の記者会見で、ディーゼルエンジン工場と第二の合弁生産会社を新設することを発表した。

3社の会社、工場の建設を統括して、命令系統を明確化するため、委員会を新設した。

インド新会社建設準備委員会の委員長は、スズキの小林恒雄常任顧問が就任する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • スズキ、インドにディーゼルエンジン工場を建設へ 画像 スズキ、インドにディーゼルエンジン工場を建設へ
  • スズキ、インドに第二自動車合弁メーカーを設立 画像 スズキ、インドに第二自動車合弁メーカーを設立
  • スズキ、インド現地企業を子会社化し、二輪車用工場を新設 画像 スズキ、インド現地企業を子会社化し、二輪車用工場を新設
  • スズキ、インド・マルチ社でディーゼルエンジン生産 画像 スズキ、インド・マルチ社でディーゼルエンジン生産
  • GM、前大宇インドの工場買収で合意 画像 GM、前大宇インドの工場買収で合意

特集