スズキ、インドにディーゼルエンジン工場を建設へ

自動車 ビジネス 企業動向

スズキは、インドに自動車用ディーゼルエンジン生産工場を設立すると発表した。

設立するエンジン生産会社は、スズキ・エンジニアリング・インディアナで、ハリアナ州マネサールに工場を建設する。年産10万基の性能生産能力を持つ工場で、投資額は約100億円の見込み。

工場は2006年末から稼動する計画だ。生産するディーゼルエンジンは、フィアット、オペル社から技術供与を受けることで合意している1.3リットル4気筒ディーゼルエンジン。

新会社には、すでに稼動しているアルミ鋳造会社のスズキ・メタル・インディアナも新会社に吸収させる予定だ。

新工場で生産するディーゼルエンジンは、インド国内向けのモデルに搭載するほか、欧州向けモデル用も生産する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集