11月1日から車内ケータイ取締りスタート、閣議決定

「改正道路交通法の施行期日を定める政令」が24日に閣議決定した。これにより運転中の携帯電話使用に対する違反の施行期日が、既報のとおり11月1日で正式にゴーサインとなったわけだ。

自動車 社会 社会
「改正道路交通法の施行期日を定める政令」が24日に閣議決定した。これにより運転中の携帯電話使用に対する違反の施行期日が、既報のとおり11月1日で正式にゴーサインとなったわけだ。

11月1日に「車内ケータイ違反」と同時に施行される事項は
○飲酒検知拒否に対する罰則の引上げ(5万円→30万円)
○暴走族対策(集団暴走行為、騒音運転等及び消音器不備に対する罰則の見直し)
○レッカー移動した車両の売却までの期間の短縮(3月→1月)
となっている。
 
また改正道交法施行にかかる反則金・点数を定めた政令も閣議決定している。

「運転中の携帯電話使用」
大型自動車:7000円
普通自動車/自動二輪車:6000円
原付き車:5000円
点数:1点

「騒音運転等及び消音器不備」
大型自動車:7000円
普通自動車/自動二輪車:6000円
原付き車:5000円
《小谷洋之》

編集部おすすめのニュース

特集