GM大宇が、郡山にディーゼルエンジン工場を建設

自動車 ビジネス 企業動向
GM大宇(デーウ)自動車技術は、2420億ウォン(約242億円)を投じて、韓国の郡山(クンサン)にある同社の車両生産工場の隣接地にディーゼルエンジン工場を建設すると発表した。

ディーゼルエンジン工場は、1万9200平方メートルの敷地に建設する。工場の建設着工は今年6月で、2005年4月に完成する計画だ。

工場で生産するディーゼルエンジンは、韓国国内生産車種と、輸出されて各モデルに搭載される。2006年初頭に生産を開始し、生産能力は年産25万基を超える見通し。

工場の建設で新たに250人を採用する。工場の加工ラインは90%、エンジン組み立てラインの40%がそれぞれ自動化される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集