【インプレ'04】斎藤聡 三菱『ランエボMR』 ポテンシャルが上がったと感じる出来

試乗記 国産車
【インプレ'04】斎藤聡 三菱『ランエボMR』 ポテンシャルが上がったと感じる出来
  • 【インプレ'04】斎藤聡 三菱『ランエボMR』 ポテンシャルが上がったと感じる出来
第一印象は、尖がったところがずいぶん洗練されたなぁということ。たぶんビルシュタインダンパーを採用してクルマのロール(感)は若干大きくなったが、反対にロールスピードは遅くなり、姿勢変化が穏やかになったからなのだろう。

グリップの限界付近でのクルマの動きも以前と比べればかなりマイルドで扱いやすいものになった。タイヤの接地性もずいぶんとよくなっている。カーブで屋根の軽さも少しだか実感できる。

エンジンも、高回転域……とくに6000rpmから上の伸びが加わった。……というわけで、総合的に見てかなり戦闘力が高くなった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


斎藤 聡|走り屋系ライター
軽自動車からスポーツカー、果ては1000psのチューニングカーまでレポート。またセーフティ・ドライビング・スクールや、サーキット走行会のインストラクターも勤める。一見強面だがじつは気さく(とは本人の弁)。
《斎藤聡》

特集