アイシン・エィ・ダブリュ、天津にATの合弁会社を設立

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ自動車系の変速機メーカー、アイシン・エィ・ダブリュ(アイシンAW、谷口孝男社長、愛知県安城市)は、中国・第一汽車との合弁で、オートマチックトランスミッション(AT)の生産会社を天津市に設立すると発表した。2005年1月から『クラウン』向けのATを年間5万台の規模で生産する。

同社が、海外にATの生産拠点を設けるのは、米国に次いで2カ所目。新会社の天津AWは、資本金1205万ドル(約13億5000万円)で、アイシンAWが80%、第一汽車が20%を出資する。3月中に天津市から設立の正式認可を得る見通し。

主要部品は日本から供給し、現地で組み立てを行う。トヨタ自動車の中国生産拠点である天津一汽トヨタ自動車と第一汽車に供給する。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • GM、上海汽車が上海GMがエンジン工場を買収 画像 GM、上海汽車が上海GMがエンジン工場を買収
  • ホンダ、中国からの輸出は欧州中心に 画像 ホンダ、中国からの輸出は欧州中心に
  • トヨタ、一汽が中国天津に大物プレス金型生産会社を設立 画像 トヨタ、一汽が中国天津に大物プレス金型生産会社を設立
  • 中国最大規模の輸出拠点に---トヨタと広州のエンジン合弁 画像 中国最大規模の輸出拠点に---トヨタと広州のエンジン合弁

特集