14万台、4億円の自動車保険見直し……あなたは何台? いくら?

自動車 ビジネス 企業動向
日本郵政公社はこのほど、保有する集配車、二輪車合計14万台すべてを対象に自動車任意保険をかけた。保険料は14万台合計で、約4億円。あなたは何台のクルマを所有して、いくらの保険料だろうか。

郵政公社はこれまで自動車損害賠償責任保険だけに加入しており、保険を超える賠償については示談交渉していた。郵政公社では、自動車保険に加入した方が、コストが安くなるのに加え、示談交渉などに手間取ることがなくなるなど、メリットが大きいと判断した。

あなたもこれを機に保険を見直してみよう。どのような商品が自分に合っているのか、さまざま商品から選ぶのはタイヘン。そのお手伝いをするのがレスポンスのユーザーアシスタンス「自動車保険見積り」だ。

ネットを使って自宅(オフィスでも)にいながら、保険選びができる。自分の希望の条件を入力することで、最適な保険商品を選べる。さらに、いわゆるアイミツ、複数商品の見積もりも一発でとれるという便利なサービスだ。

ユーザーアシスタンス「自動車保険見積り」はこちらから。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集