【インプレ'04】飯田裕子 トヨタ『クラウン』 純国産がいい玄人にぜひ乗ってほしい一台

試乗記 国産車
【インプレ'04】飯田裕子 トヨタ『クラウン』 純国産がいい玄人にぜひ乗ってほしい一台
  • 【インプレ'04】飯田裕子 トヨタ『クラウン』 純国産がいい玄人にぜひ乗ってほしい一台
“いつかはクラウン”は過去の名ゼリフ。でも、改めて新型に乗ると“もう一度、クラウン”という気持ちになれるかもしれません。

個人的にクラウンのおすすめは、ロイヤルシリーズの2.5リッター。刺激は少ないけれど、その静粛性からクラウンならではの自己主張がしっかり感じ取れます。

また、しなやかな走りとゆったりとした佇まいが、乗れば乗るほどクセになり、気持ちが解き放たれていくのが心地いい。

欧州車を意識して開発されたかもしれないけれど、このサルーンは歴然としたニッポン車。SEIKO製の高級腕時計を好む玄人ジャポネは注目してほしいです。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワー&フットワーク:★★★★☆
装備内容:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


飯田裕子|自動車生活ライター
クルマ雑誌から女性誌、一般誌など様々なメディアでクルマの走る楽しさ、使う楽しさを提案する女流モータージャーナリスト。また評論活動の一方で、安全運転スクールの講師も勤める。日本自動車ジャーナリスト協会会員。
《飯田裕子》

特集