【インプレ'04】日下部保雄 三菱『ランエボMR』 その気にさせるハードな乗り味とタイヤセッティング

試乗記 国産車

【インプレ'04】日下部保雄 三菱『ランエボMR』 その気にさせるハードな乗り味とタイヤセッティング
  • 【インプレ'04】日下部保雄 三菱『ランエボMR』 その気にさせるハードな乗り味とタイヤセッティング
硬派そのもののスポーツセダン。セミレーシングタイヤのグリップと乗り心地はそれだけでレーシングな気持ちにさせてくれる。

エンジンは中速トルクとレスポンスが向上してエボVlllよりもさらにシャープになった。ルーフのアルミ化による重心のダウンやルーフ後端のボルテックス・ジェネレーターは競技などの極限状態にならないとわからないが、そこまでのこだわりがMRには必要で、それは至るところで感じられる。

乗り心地は向上したが、バネはもう少し、サスの初期の動きを煮詰めたい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★☆


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。
《日下部保雄》

特集