【インプレ'04】松下宏 VW『ゴルフトゥーラン』 確かな作り込みは好感モノ

試乗記 国産車

【インプレ'04】松下宏 VW『ゴルフトゥーラン』 確かな作り込みは好感モノ
  • 【インプレ'04】松下宏 VW『ゴルフトゥーラン』 確かな作り込みは好感モノ
次期ゴルフの基本コンポーネンツを先取りする形で登場したモデルだけに、基本性能の高さに好感が持てる。

室内空間は5人乗り+2名分の緊急用という感じだが、3列目のシートも手を抜いていないのはさすがという印象。足もとの広さはともかく、ヘッドレストや3点式シートベルトなどはしっかり備えられている。

直噴になった2リッターエンジンは余裕ある走りを見せるし、1.6リッターでも十分な印象だが、リーンバーン状態からアクセルを踏み込んだときに燃焼の切り替えにともなってレスポンスが鈍くなるのは難点。この点については改善を望みたい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


松下 宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

特集