ミッドサイズセダンのバンパーは不合格---クラッシュテスト

エコカー 燃費
ミッドサイズセダンのバンパーは不合格---クラッシュテスト
  • ミッドサイズセダンのバンパーは不合格---クラッシュテスト
高速道路安全のための保険会社機構(IIHS)が行った、6つのミッドサイズセダンモデルを対象にしたクラッシュテストの結果が発表された。

結果はどのモデルもバンパー強度に欠け、時速わずか5マイル/h(8km/h)のテストでさえ、すべての対象モデルの修理費用は500ドル以上だった。

対象となったのは三菱『ギャラン』、シボレー『マリブ』、アキュラ『TSX』、スズキ『ベローナ』、日産『マキシマ』、アキュラ『TL』、とほとんどが日本車。

うちもっともダメージが小さかったのはギャランだが、それでも修理見積もりは525ドルだった。もっともダメージが大きく、1000ドル近い見積もりとなったのはマリブとアキュラTSX。スズキベローナ、マキシマ、アキュラTLはそれぞれ700ドル前後だった。

総括としてIIHSではミッドサイズセダンのバンパーは車体に比較して弱く、利用者にかかる修理料金の負担は衝撃の割には重い、と不合格査定。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集