警察からクルマを取り返す---暴走族メンバーを逮捕

自動車 社会 社会

広島県警は1日、広島南署が発見・押収し、署内で保管していた盗難車1台を再び盗み出したとして、元暴走族メンバーの19歳少年2人を窃盗と建造物侵入の容疑で逮捕した。2人は容疑を大筋で認めているという。

広島県警・広島南署の調べによると、問題のクルマは1月23日に広島市南区内で発見されている。路上に放置されていたクルマのナンバーを照会していた署員が盗難届の出されている車両と確認。同署にレッカー移動し、署内の駐車場で保管していた。

ところが翌24日の午後6時になり、署内の保管場所を管理する担当者がチェックしたところ、保管していた押収車両が無くなっていることに気づいた。同日の午後3時には別の担当者が保管されていることを確認しており、この3時間の間に何者かが持ち去った可能性が強まった。

警察では防犯カメラが撮影した映像などを分析していたが、2月に入って別の窃盗容疑で逮捕された元暴走族メンバーの少年が、カメラにキャッチされた人物と酷似していることがわかった。

このため警察ではこの少年を厳しく追及したところ、仲間とともに保管場所となっていた署内の駐車場に侵入し、合鍵を使ってクルマを盗み出していたことを自供した。盗まれたクルマも府中町内の山中から発見され、共犯となった少年も1日までに逮捕している。

警察ではこの少年らが奪還したクルマを使い続けず、すぐに投棄したという経緯を重視。別の犯罪に関与したために証拠隠滅を図った可能性も高いとして、さらに追及していく方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集