粗悪プレートカバー、オービスに敗れ去る

自動車 社会 社会

埼玉県警は1日、速度違反を繰り返し行うばかりか、オービス(速度違反自動取締機)に向かってVサインなどの挑発行為を行っていたとして21歳の男を道路交通法違反(速度超過)容疑で逮捕した。

埼玉県警・交通機動隊の調べによると、この男は昨年4月から11月までの合計8回、さいたま市緑区内の国道122号線に設置されたオービス付近で、Vサインをしながら速度超過違反を繰り返していた疑いがもたれている。

オービスの真下で様々な挑発行為を繰り返していることや、ナンバープレートカバー付きのクルマで違反していることから“故意犯”と認定。画像解析などを行って車両の特定を進めてきた。

その結果、複数枚の写真から同一のナンバーを解析。車当たり捜査と呼ばれる1台ずつの確認作業を進めたところ、写真に映し出されていたものと同一の車種を発見。ナンバープレートカバーが装着されていることも確認した。

警察では所有者である21歳の男を呼び出したが、念のため、男にVサインさせた状態での比較も行ったが、最終的にオービスが撮影した人物と同一であることを確認し、逮捕した。

調べに対して男は「絶対に見つからない自信があった」と供述していたが、男が装着していたプレートカバーは粗悪品で、赤外線ストロボのパワーを上げることでナンバー透過に成功していたようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集