14歳少年2人が死傷---乗っていたバイク転倒

自動車 社会 社会

2月29日未明、愛知県岡崎市内の県道で、14歳の少年2人が乗ったバイクがセンターラインを越えて対向車線側に逸脱し、29歳の男性が運転するトラックと正面衝突した。

この事故で少年1人が即死、もう1人が意識不明の重体となっている。

愛知県警・岡崎署の調べによると、事故が起きたのは29日の午前1時10分ごろ。岡崎市舳越町付近の県道で、市内の中学校に通う14歳の少年2人(ともに中学2年生)の乗ったバイクが対向車線側に逸脱し、普通トラックと正面衝突するという事故を起こした。

この事故でバイクは転倒。2人は路上に叩きつけられ、1人は頭などを強く打って即死の状態。もう1人は意識不明で現在は収容先の病院で治療を受けているが、予断を許せないという。

現場は見通しの良い直線道路だが、当時は雨が降っていて路面が滑りやすかった。警察ではスピードを出しすぎたバイクがスリップして対向車線側に飛び込んだものとみている。2人のうちどちらが運転していたかはわかっていない。

また、2人ともヘルメットを着用しておらず、転倒した際に頭から落ちたことが被害を拡大させたとみている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集