【インプレ'04】伏木悦郎 スズキ『ワゴンR』 華より実を重視した3代目

試乗記 国産車

【インプレ'04】伏木悦郎 スズキ『ワゴンR』 華より実を重視した3代目
  • 【インプレ'04】伏木悦郎 スズキ『ワゴンR』 華より実を重視した3代目
軽自動車ブームを再燃させた革命児の第3世代は、軽自動車の原点でもある親しみやすさに軸足を戻してきた。パワーフィールや走りのセットアップは、よくも悪くも従来からの軽自動車の延長線上にある。

ライバルが登録車に迫る内外装の質感や乗り味で勝負を仕掛けてきているのとは好対照に、従来型以上に実質勝負の色彩を強めている。

スペースユーティリティの追求と視覚的な広がり感の演出は見事だが、クルマが単なる道具として評価されない豊かな時代のコンパクトカーとしては、ちょっと商品としての魅力に欠けるかも。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


伏木悦郎|自動車評論家
70年代にレースを志し富士スピードウェイで参戦。その間偶然知り合った自動車雑誌編集者にスカウトされる形で業界入り。78年から一貫してフリーランス。FRの魅力に傾倒し国産車によるコンパクトFRの再生が宿願。
《伏木悦郎》

特集