【インプレ'04】下野康史 ダイハツ『タント』 意表をつくほど広大な室内空間

試乗記 国産車

【インプレ'04】下野康史 ダイハツ『タント』 意表をつくほど広大な室内空間
  • 【インプレ'04】下野康史 ダイハツ『タント』 意表をつくほど広大な室内空間
瓶に残ったマヨネーズをゴムヘラでナメ取るように“枠内最大”ボディを追求したニュー背高軽ワゴン。というか、むしろ軽のワンボックスから発想したクルマというべきで、コンセプト上のライバルはホンダ・バモスやスバル・サンバー・ディアスなど。

ただ、フロントエンジンで、スペースをここまで客室に振ったのはスゴイ。とにかく、中は笑えるくらいに広い。とくにリアシートは、笑ってやってください。しかも、後席使用可の平常時でも、奥行きのある荷室が確保されている。

走る性能も十分タントあるが、足回りのしっかり感はバモスに及ばない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワー&フットワーク:★★★★☆
装備内容:★★★★☆
オススメ度:★★★★★


下野康史|モータージャーナリスト
自動車専門誌の編集部を経て、モータージャーナリストに転身。現在はクルマ雑誌を始め、週刊誌のコラムなど幅広く執筆活動を行っている。親しみやすい文体のなかに見える、鋭い着眼点や独特の語り口にファンは多い。
《下野康史》

特集