【インプレ'04】松下宏 ダイハツ『タント』 5ナンバーコンパクトを圧倒する室内空間

試乗記 国産車

【インプレ'04】松下宏 ダイハツ『タント』 5ナンバーコンパクトを圧倒する室内空間
  • 【インプレ'04】松下宏 ダイハツ『タント』 5ナンバーコンパクトを圧倒する室内空間
軽自動車の規格の中で、まだこのような新しいパッケージングを成立させる余地が残っていたと思わせるクルマ。とくに後席に乗り込むと、上級車を上回るような圧倒的な広さに驚かされる。走りより何より、この空間を魅力と感じるかどうかがタントを選ぶときのポイントだ。

走りに関しては、滑らかな変速を実現するATのフィールなどは軽自動車の水準を超えているが、乗り心地を重視して大きくロールする足回りのチューニングは不安感を与えるほど。ファミリーカーであっても、もう少ししっかりしたフィールの乗り味が欲しいと思う。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★★★☆☆


松下 宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

特集