【インプレ'04】熊倉重春 ダイハツ『タント』 軽パッケージの可能性に賭けた自信作

試乗記 国産車

【インプレ'04】熊倉重春 ダイハツ『タント』 軽パッケージの可能性に賭けた自信作
  • 【インプレ'04】熊倉重春 ダイハツ『タント』 軽パッケージの可能性に賭けた自信作
見た目の柔らかさが最大のマル。このようにトゲトゲしくないルックスは、中身に自信がある証拠だ。

室内がゆったり広いのも、その点で定評あるムーヴやミラと共通の基本設計だからか。運転席に座ってみるとウインドスクリーンが大きく前進しているので、心理的な余裕も大きい。なんだか電車の運転士になった感じも嬉しい。ワンタッチでたためる後席も大人がくつろいで座れる。

走行感覚も上出来で、見た目がノッポでもコーナリングは安定しまくり。ターボの高出力も魅力だが、優しく和むタントの性格にはノンターボが似合う。これでも実用上は不足しない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★★★


熊倉重春|モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。今最大の関心事はエネルギー問題。
《熊倉重春》

特集