事故の後遺障害からの社会復帰費用まで……新型保険を発売

自動車 ビジネス 企業動向

あいおい損害保険は、4月1日から、主に個人の自家用自動車を対象にした保険「トップラン」を発売すると発表した。

クルマの使用目的、免許証の色など、保険料設定項目や補償・特約を採用するとともに、同社オリジナルの「思いやり特約」を含めた「スピード解決3兄弟」を取り入れた。商品付帯サービスとして「レッカーけん引距離55km」など、サービスの充実も図った。

スピード解決3兄弟は、人身事故での後遺障害時の社会復帰費用を補償する思いやり特約に、相手車両の時価額を越えた部分を一定限度内で補償する対物差額修理費用担保特約を新設、弁護士費用等担保特約の3特約で、自動車事故を早期・円満解決を目指した。

さらに、トップランでは、自動車事故以外の交通事故の補償や犯罪被害事故の損害を補償するなど、従来の人身傷害補償保険の補償範囲を拡大する特約を新設した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集