フォード『モンデオ』を一部改良

自動車 ニューモデル 新型車

フォード『モンデオ』を一部改良
  • フォード『モンデオ』を一部改良
  • フォード『モンデオ』を一部改良
  • フォード『モンデオ』を一部改良
フォード・ジャパン・リミテッドは、『モンデオ』の内外装及び機能の充実を図って22日から発売した。ヨーロッパカーラインのトップモデルとして「走りの質と高級感」に主眼を置いて商品内容の充実を図った。
 
今回の改良では、新デザインのフロントグリル・フロントバンパーを採用するとともに、ターンシグナルを白色にした。サイドターンシグナルもクリアレンズとした。

内装では、新デザインのセンターインストルメントパネル、アナログ時計を採用した。助手席パワーシートリフターを追加、温度調整付ヒーテッドシート、カップホルダー付リアアームレスト収納ボックスも採用した。
 
機能面では、ステアリングセレクトシフト、雨滴感知式フロントワイパー、オートランプシステム、リアマップランプなどを採用した。
 
価格は280万−335万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集