我が子をひく!……運転していた母親も大けが

自動車 社会 社会

20日午後、愛知県安城市内の民家敷地内で、クルマから飛び降りた2歳の男児が、車庫入れを行おうとしていた母親(32歳女性)の運転かるクルマにひかれ、死亡するという事故が起きた。

母親も男児をひいたことで慌てて運転操作を誤り、左足を切断する重傷を負った。

愛知県警・安城署の調べによると、事故が起きたのは20日の午後3時30分ごろ。安城市東端町付近にある民家の敷地内で、この家に住む32歳の女性がクルマを車庫に入れようとしたところ、先にクルマから降りた2歳の男児が正面にいることに気づくのが遅れ、そのままはねてしまった。

女性は男児をはねたことでパニックになり、クルマの停止動作を行わないまま、飛び降りて救助に向かおうとした。だが、この際にクルマが暴走。そのまま左フェンダーを門柱に激突させた。

事故を起こしたクルマは左ハンドルだったことから、飛び降りようとした女性は門柱に激突したことで勢いよく閉まったドアに左足を挟まれた。2人はすぐに病院へ搬送されたが、男児はほぼ即死の状態。女性の左足は閉まったドアによって切断されており、全治未定の重傷を負った。

警察では事故の原因を調べているが、当事者である女性が重傷を負っており、事情を聞けないため、発生状況などはよくわかっていないという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集