【TRDターボ】コンプリート『bB』……ワンランク上を感じた

自動車 ニューモデル 新型車

【TRDターボ】コンプリート『bB』……ワンランク上を感じた
  • 【TRDターボ】コンプリート『bB』……ワンランク上を感じた
  • 【TRDターボ】コンプリート『bB』……ワンランク上を感じた
  • 【TRDターボ】コンプリート『bB』……ワンランク上を感じた
  • 【TRDターボ】コンプリート『bB』……ワンランク上を感じた
  • 【TRDターボ】コンプリート『bB』……ワンランク上を感じた
ターボを後付けする「TRDターボチューニングプラン」発表と同時に、『bB』と『イスト』にはターボユニットに加え、サスペンションやブレーキパッド、マフラーまでトータルチューニングされたコンプリートカー『bB TRDターボ』『イストTRDターボ』が発売された。

価格は『bB TRDターボ』がZベースで220.0万円、Z“Xバージョン”がベースで236.0万円となっている。価格はベース車に比べて57.2万円高となっているが、追加されるパーツを単品で取り付けた場合と比較すると、9.5万円ほどコンプリートカーのほうがお買い得な設定になっている。

ほかにもエンブレムやコーションプレートの配色を変えるなど、ささやかながら見た目でもコンプリートカーとしての差別化を図っている。

今回新たにbBに組み合わされることになった、TRDのターボユニット。ヴィッツのMT車に比べると、車両重量が重く、ECUをAT車用に専用にチューニングしていることもあり、だいぶおとなしい印象になっている。

このコンプリートカーの販売を行う、ネッツ群馬のサービスアドバイザー金山厚さんも「関越道には長く続く坂道があり、そこを4名乗車で登りながら追い越しを掛けるときにはノーマルだと非力さを感じてしまいます。でも『bB TRDターボ』なら楽々追い越しをすることができます」とコメント。

ターボというと、とかくスポーツ性能を求めてしまうが、『bB TRDターボ』はスポーティというよりも、排気量をワンランク上に上げたような使い方が似合うクルマに仕上がっている。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集