酔っ払い警部補---タイヤ破裂に気づかず車両炎上

自動車 社会 社会

茨城県警は16日、酒気帯び状態で自分が所有するクルマを運転し、タイヤをバーストさせたことに気づかずに走らせていた警視庁・丸の内署に所属する59歳の警部補を道路交通法違反(酒気帯び運転)の容疑で逮捕した。

「クルマが燃えている」との通報を受けて駆けつけた茨城県警の警察官が、運転していた男が酒臭いことに気づき、職務質問したところ飲酒運転が判明したという。

茨城県警・取手署の調べによると、事件が起きたのは16日の午後1時ごろだという。取手市井野1丁目付近の市道を走っていたクルマが突然炎上。目撃した通行人がこれに気づき、119番通報した。

クルマは左側の前・後輪がともにバーストしており、ホイールだけで走っている状態だった。このため、残ったゴムが摩擦熱などで発火したものとみられている。

消防から連絡を受け、現場には取手署員も急行。炎上したクルマを運転していた男から事情を聞こうとした際、この男の呼気が酒臭いことに気がついた。男の呼気からは酒気帯び相当量のアルコールを検知していたため、さらに事情を聞いたところ、男が警視庁・丸の内署に勤務する59歳の警部補であることがわかった。

男は前日の午後7時ごろから、同日の午前2時ごろに掛けて焼酎を飲んだと供述しており、自分の呼気が酒臭いことにも気づいていたが、出勤のためにやむを得ずクルマに乗ったという。

しかし、タイヤがバーストしていたことには全く気づいておらず、実際にはかなり酔いが回っていた可能性も高いという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集