インターネットの逆オークションでクルマを買うと……

自動車 テクノロジー ネット

イギリスのオートイービッド・ドットコム(Autoebid.com)は、インターネットを利用した自動車の“逆オークション”サービスを開始した。通常のオークションでは、買い手が競り合うのに対して、この逆オークションは、売り手が競り合うというユニークなものだ。

この逆オークションでは、まず自動車を購入したい人が、自分の欲しいクルマと、それに支払える金額を提示する。これに対して、売り手の側が希望する販売価格を提示していく、という仕組み。

売買が成立したら、買い手が、購入価格の1%または250ポンド(約5万円)の大きい方をオートイービッド・ドットコムに支払う。自動車とお金の交換は、同サイトが指定するエスクロー・サービスを利用する。

同サイトでは、売り手からは手数料をとらない。これはサイトの独立性を保つためと、できるだけ多くのディーラーに参加してもらうため。通常のディーラーで購入するよりも、最大30%、平均10%割安になるという。また、同じ車を購入したい人が5人集まれば、さらに5%割安、10人ならば、さらに10%割安となるグループ取引サービスもある。
《》

編集部おすすめのニュース