仏ヴァレオ、中国にテクニカルセンターを新設

自動車 ビジネス 企業動向
欧州最大の自動車部品メーカー、ヴァレオは、中国・武漢にテクニカルセンターを新設する、と発表した。2004年の完成予定で、自動車用のライティングシステムの開発を中心に行う。

同社は1994年に中国市場に参入し、毎年30%の割合で中国での売上げを伸ばしており、2002年の売上高は2億3000万ドルに達した。現在は、8つの合弁会社と3社のライセンス会社を持ち、乗用車・トラック用に、ライティングシステムやスタータ・オルタネータ、ワイパーシステム、セキュリティシステム、空調システムなど幅広い自動車用部品を生産している。

テクニカルセンターの新設により、市場が急成長する中国でのビジネスをさらに拡大するとともに、全世界の顧客を対象にした技術開発と新製品の設計を行う。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 広州ホンダの『フィットサルーン』は今月中旬に生産開始 画像 広州ホンダの『フィットサルーン』は今月中旬に生産開始
  • 中国市場は複雑怪奇…欧州のメーカーも苦戦 画像 中国市場は複雑怪奇…欧州のメーカーも苦戦
  • 広州本田でも生産---「本田汽車」の輸出専用スモールカー 画像 広州本田でも生産---「本田汽車」の輸出専用スモールカー
  • ダイハツの中国新ブランドは「DARIO」に 画像 ダイハツの中国新ブランドは「DARIO」に

特集

おすすめのニュース