島根で4件のスリップ事故続く---原因は雨かと思ったら

自動車 社会 社会

27日午後、島根県内の国道54号線のうち、掛合町から頓原町に至る11kmの区間でスリップ事故が断続して発生。クルマ4台が被害を受けた。当該の区間をレッカー移動されていたクルマの燃料タンクから軽油が漏れており、これに乗り上げたことが原因のようだ。

島根県警・掛合署の調べによると、事故が起きたのは27日の午後4時ごろから午後5時に掛けての間だという。掛合町で「国道54号線で突然クルマがスリップして路肩に突っ込んだ」という110番通報を皮切りに、「スリップして駐車中のクルマと接触」、「スリップして別のクルマとぶつかった」などという通報が連続して3件寄せられた。現場はいずれも国道54号線で、事故の形態はどれもがスリップ事故を起因とするものだった。

警察がそれぞの現場で油のようなものが路上に流れていることを確認。これにハンドルを取られて事故につながったという見方を強めた。警察では道路管理者の国土交通省に中和剤による処理を要請。合わせて油を流したまま走行しているクルマの割り出し作業を進めた。

午後5時ごろになり、鳥取県から広島県に向かう途中だったレッカー業者から「牽引していた大型トレーラーから軽油が漏れていたらしい」との届け出があり、警察が確認したところ、この業者が運搬していた大型トレーラーの燃料タンク間を結ぶホースが外れ、タンク内に入っていた軽油が漏れ出していたことが確認されたという。トレーラーは約11kmの間、燃料漏れに気づかずに国道を走り、対向車のドライバーから指摘を受けてようやく気づいたという。雨で路面が濡れていたことから、後続のクルマも路面に油が流れていることに気がつかず、事故を引き起こしたらしい。

警察ではレッカー業者へ厳重な注意を行うとともに、道路交通法違反容疑でも事情を聞く方針。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集