友人の敵討ち!? パトカーを燃やした男2人

兵庫県警は17日、警察署内の駐車場に進入し、捜査車両に放火した容疑で25歳と30歳の男を放火容疑で逮捕したことを明らかにした。2人は「友人が逮捕され、腹を立ててやった」と容疑を全面的に認めているという。

自動車 社会 社会
兵庫県警は17日、警察署内の駐車場に進入し、捜査車両に放火した容疑で25歳と30歳の男を放火容疑で逮捕したことを明らかにした。2人は「友人が逮捕され、腹を立ててやった」と容疑を全面的に認めているという。

兵庫県警・網干署の調べによると、事件が起きたのは今年4月9日の午前3時ごろだという。捜査車両用の駐車場に止めてあった覆面パトカーが炎上している様子を通行人が発見。そのまま警察署に飛び込み、居合わせた当直署員に「クルマが燃えている」と知らせた。数人の署員がすぐに鎮火させたが、パトカーは後部バンパーを焼くなどの被害を出した。

炎上したバンパーの下には軽油の入った缶が置かれており、これに火が着けられていた。警察では何者かが警察車両を狙って放火したものと断定。悪質な放火事件として捜査を進めてきた。

駐車場に設置された防犯カメラには不審な動きをする2人の男が映し出されており、さらに調べを進めたところ、網干署に別の容疑で逮捕されていた人物の知人と判明した。警察では任意で事情聴取を進めていたが、うち1人が「油を入れた缶にライターで火を着けた」と供述。容疑への関与が明らかになった。

2人は警察の取り調べに対して「友人が逮捕されたことに腹立たしさを覚えて放火した。パトカーを燃やせば警察も困ると思った」などと話し、容疑を認めているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集