自動車教習所にとって偽の卒業証明書はおいしいビジネス?

奈良県警は14日、暴力団関係者が公安委員会認定自動車教習所の技能検定員を脅し、卒業証明書を偽造させていたという問題で、先月下旬に逮捕した技能検定員と暴力団組長の2人を虚偽有印公文書作成、同行使の疑いで再逮捕したことを明らかにした。

自動車 社会 社会
奈良県警は14日、暴力団関係者が公安委員会認定自動車教習所の技能検定員を脅し、卒業証明書を偽造させていたという問題で、先月下旬に逮捕した技能検定員と暴力団組長の2人を虚偽有印公文書作成、同行使の疑いで再逮捕したことを明らかにした。

その後の調べで偽造された卒業証明書が4人分だけではなく、実は20人分を超えていたことが明らかになったためだという。

奈良県警・暴力団対策課の調べによると、捜査の過程でいくつかの新事実も明らかになったとしている。これまでは40歳の技能検定員(みなし公務員に当たる)に対し、52歳の暴力団組長らが「発行できないなら命を落とさなあならん」と殺害することをほのめかし、今年4月までの間に2回に分けて合計4人分の証明書を発行させたとされてきた。

ところが後の調べで発行された卒業証明書の数は20枚を超えており、逮捕された組長が中心となって、2001年ごろから別の暴力団関係者に1枚数十万円で転売されていたことがわかった。

この証明書も偽造されたものだが、逮捕された技能検定員とは別の関係者が犯行に関与していた可能性が高いとみられている。

この件に関しては、この技能検定員が勤務する教習所の経営者も虚偽有印公文書作成、同行使容疑逮捕されており、卒業証明書の偽造が教習所ぐるみであった可能性が高いという疑惑も生じているが、警察の取調べに対して経営者はこれを完全に否認しており、「技能検定員の一存で行われたもの」と供述しているようだ。

警察では転売の実態を調べているが、少なくとも15枚は関西地区の暴力団関係者に渡ったことが判明しており、この中の数人は実際に免許証を取得しているとみられる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集