日産がSARS対策義援金2250万円を中国政府に

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車は6日、新型肺炎SARSの対策義援金を中国政府と北京市政府に寄付すると発表した。中国政府に100万元(約1500万円)、北京市政府に50万元(約750万円)の合計150万元を贈り、SARS渦の早期収束の活動に役立ててもらう。

日産はこのほか、すでに鄭州日産汽車(河南省)が生産するSUV『パラディン』4台とバス1台(合計約2000万円相当)をSARS対策の一環として同省と鄭州市に寄贈している。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集